2016夏 北欧出張 in ストックホルム ドロットニングホルム編

こんにちは!
ルネ・デュー社長の八木です。

本日はストックホルム最終日。
ドロットニングホルムへ行って参りました。

ドロットニングホルムは18世紀に建築された王室の居城の中でも最も良く保存された例であると同時にこの時代ヨーロッパでも代表的な王室の建築物でもあります。(らしいですパンフレット著)

観光本によると、北欧のベルサイユ宮殿と言われていて、現在も国王陛下が住まわれている宮殿です。
世界遺産にも登録されています。

個人的な見どころはお庭でした。
お庭は無料で入れるので、それだけでも満足できそう♪


まずはセントラル駅から地下鉄で19番か17番でHasselby StradやAkeshov行に乗りましょう。


Brommaplanで降ります。11駅程で18分です。


そこからバスに乗り換えです。177,176,311,317,301,396,309結構行くバスは多いです。
運転手に「ドロットニングホルム??」って聞けば安心です。
私は逆のバスに乗ろうとして、反対だよって教えてもらいました。良かった。

バスは3駅です。3分ほどで着きます。結構の方が降りたので、良くわかると思います。


ドロットニングホルムです!バスから降りて2~3分で到着です。みんな歩いていくので付いて行けば大丈夫。

ガイドなしなので、良くわかりませんでした(笑
分かったのは、映画などの舞踏会で出てきそうだなってことです。


庭が凄いです!


天気も良く気持ちがいいです!!

壮大


庭を抜けて、中国館の入口へ


中国館です。その昔、中国ブームだったようです。
王妃の誕生日御祝いのプレゼントだったようです。


お庭の一角


ドロットニングホルムを後にして、中心部へ


スベンスクテン

映画などでも良く出てくるセルゲル広場です。


H&Mの本拠地です。


セントラルステーション内

夜のセントラルステーション

今日でストックホルムはおさらばです。
明日は最終地点ヘルシンキに入ります。

お楽しみに!

カテゴリ : 北欧の旅

更新日:2016.08.27