【 #北欧生地図鑑 】 No.23 ~ No.27 インスタグラムで毎週更新中!

みなさん、こんにちは!

7月1日よりインスタグラムとFaceBookで始まった【# 北欧生地図鑑】!
毎週金曜日に更新しているのですが、1 か月の最終金曜日にはこちらのブログにてダイジェスト版をお届けいたします★

北欧生地図鑑の裏側や、選んだスタッフの紹介など、普段はなかなか見られないルネ・デューの裏側も登場するかも!?【# 北欧生地図鑑ダイジェスト版】はこちらのブログにて毎月最終金曜日にお届けいたします!

それでは、12月にお届けした生地を振り返ります★

 

 

今月のテーマは…やはりこれしかない!ということで「クリスマス」特集でした。

最近は日本でも各家庭でクリスマスが華やかにお祝いされていますが、暗く長い冬を過ごす北欧ではクリスマスは特に重要で楽しみなイベントです。絵本などで見るヨーロッパのクリスマスのようすは幻想的で本当にすてきですよね。

いつか北欧へ行って本格的で厳かなクリスマスを味わってみたいです。

 

【今月のヒソヒソ話】
このコーナーでは、ヒソヒソ話…つまりは、普段なかなか表に出ないような思いや裏側をお話ししていこうと思います。月の最後の金曜日ダイジェスト版のみのコーナーとなってますので、お楽しみに!

 

さて今月のお話は…

今週の水曜日から数量限定で販売している「フィンランド福袋」を用意しているときの裏話をご披露したいと思います。

 

来年建国100周年を迎えるフィンランドを記念してオンラインショップ限定で販売している「フィンランド福袋」。フィンランドデザインの生地ばかり8枚を集めたはぎれセットなのですが、実はこれルネ・デューの本社スタッフが総出で毎週水曜日の朝1時間ほどを使って作ったものなのです。

 

はぎれといってもこのセットの生地は基本的にはサイズを一定の大きさに揃えるため、生地をロール状に巻いた反からカットしています。

問題はその「カット」なのですが、これがとても難しい!

ベテランスタッフは難なく次々とはさみを入れていくのですが、日頃生地に触れる機会が少ない部署の者や最近入社したばかりのスタッフにとったら緊張の瞬間です。

 

みなさんご存知の通りルネ・デューで扱っている生地は北欧からの輸入生地で高価なものが多く、中でも今回のフィンランド福袋に入れるマリメッコの生地は10センチで700円ですから、斜めにカットしてしまって真っすぐに修正が必要になると2~3センチが無駄になって、そんなことが重なるとそこそこの損失になってしまいます。

ベテランスタッフにこつを尋ねると「生地目にそってはさみを入れると意識しなくても自然とまっすぐに切れるはず」と言うのですが、日頃生地に触れる機会が少ないうえにもともとが不器用なわたしにとったら、かなり難しくそうなかなかうまくはいかないのです。

うまくいかない上に時間もかかってしまうので、今回わたしは生地をパッケージングする係を率先してやりましたが、いつかは涼しい顔で生地目に沿ってまっすぐ生地カットができるようになりたいなと思います。

ちなみに今のところは全然できる気がしません・・・。

 

というわけで、スタッフ総出で用意したフィンランド福袋、ぜひぜひ一度ご覧くださいね。

ルネ・デューオンラインショップではすでに販売中。ルネ・デュー楽天店では明後日30日の0:00~販売開始です。

よろしくお願いいたします!!

 

LUNED’EAU 森脇

カテゴリ : 北欧生地図鑑

更新日:2016.12.30