デンマーク2日目 アンデルセンの国 オーデンセ

こんにちは!

ルネ・デュー 社長の八木ですニコニコ

もう昨日になるのですが、デンマーク2日目、アンデルセンの町オーデンセです。

アンデルセン童話はすごく有名ですが、デンマークってご存知でした?

コペンハーゲンから電車で1時間半ぐらいのところにオーデンセはあります。

駅の券売所で I want to go to Odense.と叫べば切符は買えます。
料金は大人片道4000円ぐらいです。

オーデンセはアンデルセンが幼少時代育った町です。

至る所にアンデルセン系の銅像がありました。

では早速写真でどうぞ

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
ホーム到着♪

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ

オーデンセの駅です。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
オーデンセ城。当時の王クリスチャン8世の離宮。

アンデルセンのお母さんがメイドとして働いていたため、

中庭で王子と遊ぶこともあったそうです。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
聖ハンス教会。1250年に建てられたこの教会でアンデルセンは洗礼を受けた。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ

オーデンセの町並み

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
アンデルセン博物館

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
ソルテブロードレ広場近くのアンデルセンのベンチ。

張り切って写真を撮るポイントです。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
親指姫のモニュメント

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ  北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
ソルテブロードレ広場にあるレストンランで昼食。

すごい肉肉しかった。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
ファッティゴーデン

アンデルセンは救貧院だったこの建物の中の学校に通い、

読み書きを学んだ。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
途中にきれいな建物があったのでパチリ。

ガイド本には載っていなかった。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
聖クヌート教会の裏庭

アンデルセンの銅像が右下のほうに写ってます。

すごくロケーションのいいところで、みんな日光浴をしてました。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
アンデルセンの像のアップ。こんな感じ。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
オーデンセの市庁舎。残念ながら足場が・・・

しかし、どこも市庁舎がすごいですね。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ

市庁舎の向かいの角にあるアンデルセン像

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
アンデルセン子供時代の家

14歳まで住んでいて、父は靴職人だったそう。

中には入れませんでしたが、窓から覗くと、靴職人の職場が再現されていました。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ

ビショップ・マナーハウス

アンデルセンがコペンハーゲンへ上京する2日前に旅費を稼ぐために

司教の館を訪れて一人芝居を演じた。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ

空飛ぶトランクのモニュメント

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
グローブロードル病院

かつてここにあった病院でアンデルセンの母が亡くなった。

病院を訪れる老人たちから昔話を聞くのがアンデルセンの楽しみだった。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
オーデンセ劇場

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ

オーデンセ城の中庭

子供たちはカルガモと遊ぶのが一番楽しかったみたい。

これでオーデンセは終わり。

最後、切符を買おうと売り場に行ったら、6時で営業終了・・・・

到着したのが6時1分・・・・

閉まるときは時間キッカリなんですね。

仕方なく席が取れないけど自販機で購入して、コペンハーゲンへ帰りました。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ

ちなみに初日に紹介したコペンハーゲンの駅の内観。

鉄骨じゃなくて木造でした!

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ
夕食は駅の外にあったホットドック屋さんで!

いつも食べ物は撮るのを忘れる。

たぶんいやしいから食べちゃうんですよね。

北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ   北欧インテリア&雑貨、ファブリックのルネ・デューブログ

セブンイレブンでデンマークのビール、カールスバーグとマチルダのココアを買ってホテルで頂きました。

オーデンセの感想としては、アンデルセン博物館は時間があるので、その間に見ないとだめだけど、

それ以外は、外から見るのがメインなので、時間を気にせず観光が出来ます。

観光ポイントには太陽のマークが地面に埋められていて、建物にも、プレートがついています。

アンデルセンの生家などはみんな見るポイントだと思って前を通ったのですが、誰一人いなくて、

太陽のプレートを探さないと見逃します。ちなみに私は見逃しました。

何を見るって感じではないけど、町並みが凄くきれいで散歩しながらアンデルセンのモニュメントを見たり

建物を見たりして楽しむ観光ポイントだと思いました。

全行程は昼食も入れて5時間ぐらいでした。

コペンハーゲンから十分日帰りで楽しめる感じでした。

皆さんも機会があれば、是非行ってみてください。

↓北欧雑貨ブログがいっぱい♪

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

ファブリックパネル  マリメッコパネル  クッションカバー バッグ  スツール

オリジナル小物  北欧カーテン&生地  ランプシェード  北欧雑貨


ブログランキング

カテゴリ : 北欧の旅, 社長

更新日:2012.05.05