私たちの強み

私たちの強み

 

 

・ルネ・デュー/見聞の力

・ルネ・デュー/デザイナー登用の力

・ルネ・デュー/店舗展開の力

・ルネ・デュー/和の力

・ルネ・デュー/モノづくり精神の力

・ルネ・デュー/アイテム数の力

・ルネ・デュー/コミュニケーションの力

 

 

 

〇ルネ・デュー/見聞の力

北欧諸国には年2回程度訪れている。
北欧から日本への来客も年に数回ある。
北欧の人々と接し、北欧マーケットを常に感じている。
実体験するからこそ、日本と北欧の共通点を発見することができる。

北欧の巨匠デザイナーが日本のデザインにインスパイアされている様に感じる。
北欧デザインの巨匠、アルヴァ・アアルト氏の自邸に「すだれ」があり、訪れたときは、親戚の別荘に来たような感覚を覚えた。
ムーミン作者のトーベヤンソンが浮世絵に影響を受けているのはムーミンの原画を見れば感じ取ることが出来る。
古き良き日本のデザインや文化をリスペクトしているデザイナーが多数存在する。

モノに愛情を持っている。
北欧の人々は少しでも使えそうなモノを蚤の市で販売する。フィンランドでは年に数回どこでもだれでもフリーマーケットが開ける日がある。
使える物はなんでも、リユースする文化がある。祖母からマットを譲り受けて代々使う習慣もある。日本で言う“もったいない”文化。

自然と共存する。
昔の日本と同じで、木造住宅が多い。木のぬくもりや香りを大事にしている。
窓は外とつながる大事なアイテムで、外の自然と部屋が融合するように考えられている。
窓辺を飾るのは北欧の定番。日本で言う「借景」。

安心できる国
治安の良さは日本も北欧も世界トップクラス。北欧は海外でもリラックスして過ごせる国である。
地図を見ていたら、すぐに声をかけてくれ、分からない場所でも一緒に考えてくれる。
通りがかりの男性が荷物をホテルまで一緒に持って行ってくれたこともある。

北欧の取引先と商品情報、背景について、お互いの文化を交えながら情報交換をする。

ルネ・デューは、北欧の本物情報の宝庫である。
北欧での実体験で、日本との共通点を知っていることは、私たちルネ・デューの強み。

 

 

〇ルネ・デュー/デザイナー登用の力

創業から今まで10年以上、北欧デザインに携わってきた。

そのセレクト力には自負がある。

スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーのブランドから評価を受けて、日本の市場を一任されている。
彼らの情熱が込められた大切な商品を私たちに託してくれている。

店舗展開が可能なのも、目利きの高いバイヤーから評価を受けている証。

そのセレクト力を活かし、北欧のデザイナーもセレクトし、商品化もしている。

生地以外にも、マグカップ、琺瑯製品、他いろいろな物を生み出している。

若手デザイナーも積極的に登用。

デザイナーが有名になるステップをサポートしています。

そのセレクト力は、今後も、さらに磨かれます。

セレクト力は私たちルネ・デューの強み。

 

 

〇ルネ・デュー/店舗展開の力

積極的に店舗展開を進めているルネ・デュー。
2013~15年の3年間で7店舗を新展開した。

お客さまと直接のコミュニケーションを大切にする。

私たちが、実際、生地を手にした時、想像以上に素晴らしい発色や質感、手ざわりを感じることが出来た。
それは、画像だけでは伝わらない感動がある。
10年以上この仕事を続けてきた今でも、その感動は変わらない。

お客さまにも感動してほしい。
実際に見てほしい。
触れてほしい。
感じてほしい。
笑顔を見たい。
感動したところを見たい。
ワクワクしたところを見たい。

その考えが、私たちの店舗展開の力を強める。

実店舗があることが私たちルネ・デューの強み。

 

 

〇ルネ・デュー/和の力

私たちは、遊び心を忘れません。
真剣に楽しみます。

ルネ・デューの“和”に入ってみませんか?
接客販売、商品開発、仕入れ、海外企業とのやり取り、デザイナーとのやり取り、すべての仕事がルネ・デュー“ごっこ”。

接客販売スタッフは、良い接客をして、お客さまの喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
商品開発スタッフは、良い商品を生み出し、お客さまの喜ぶ顔や協力工場のスタッフが喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
仕入れスタッフは、良い商品を仕入れ、商品が売れて喜ぶメーカーや、購入してお客さまの喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
海外企業とのやり取りをしているスタッフは、日本で有名なブランドになり喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
デザイナーとのやり取りをしているスタッフは、完成品を見せてデザイナーの喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
発送スタッフは、商品が届いた瞬間、開けた瞬間のお客さまの喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
製造スタッフは、商品を飾ったり、使ったりしたときのお客さまの喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
法人販売のスタッフは、商品が売れてお客さまや小売店さまの喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
EC販売スタッフは、良い対応やEメールをして、お客さまの喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
ホームページ作成、DTP作製スタッフは、おしゃれで見やすいページを作って、お客さまの喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
総務スタッフは、スタッフを支えてスタッフの喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
経営スタッフは、スタッフ、お客さま、取引先企業の喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。
お客さまの声を反映し、喜ぶ顔を引き出す、ルネ・デュー“ごっこ”。

ほかにもたくさんのルネ・デュー“ごっこ”

お客さまもパートナー企業も、ルネ・デューに関わる全ての人を巻き込みます。
ルネ・デュー“の和”に入ってくれたスタッフ、お客さまや企業を家族や友達のように大切にします。

ルネ・デュー「ごっこ」はルネ・デューの“和”。
真剣に楽しむことで、波紋の様に“和”は拡がる。

和の力は私たちルネ・デューの強み。

 

 

〇ルネ・デュー/モノづくり精神の力

私たちは、モノづくりには妥協をしない。
商品企画に掛ける時間は惜しまない。

北欧から買い付けた生地でサンプルを作り、納得がいくまで作り直す。
まず自分たちで実際に使用する。
改良を何度も何度も繰りかえす。

企画立案から商品化まで2年以上かかるモノもある。

サンプルを何度も作り直す労力は半端なものではない。
「お客さまに喜んでもらいたい」という気持ちで商品企画に取り組む。
何度もサンプルを作るのは協力工場の労力も大きいが、パッションを伝えて一緒に作り上げる。
協力工場は、兵庫、大阪、和歌山、石川、新潟、愛知、東京、岡山、愛媛、福島、京都、福岡、静岡、長野、滋賀など全国。
私たちに共感をし、一緒にモノづくりをしてくれる協力工場は多くはない。
いつも感謝しています。

一緒に作り上げたものは、モノづくりに携わったすべての人と喜びを共にする。
私たちとのモノづくりを誇りにしてくれている協力工場の方も多い。

そうした、モノづくりは北欧のデザイナーたちにも高い評価を受けている。
デザイナーに完成品を持っていくと、「すごくいい!」と感動してもらえるレベルがルネ・デュー。
ルネ・デューの商品を現地北欧でデザイナーが使っていると、“「これどこで買えるの?とよく聞かれるのよ。」”と教えてもらった。

そうしたモノづくり精神の力は私たちルネ・デューの強み。

 

 

〇ルネ・デュー/アイテム数の力

北欧生地の種類、アイテム数は世界でもトップクラス。

北欧の色々な生地屋さんもめぐったが、当社より北欧生地の種類が多い生地屋は見たことがない。

北欧生地メーカーの営業担当者がルネ・デューの店舗や、本社在庫を見て、
「こんなにたくさん北欧生地の種類がある会社は見たことが無い」と言った事もある。

自分の「好き」を見つけたい。
たくさんの中から選びたい。
満足したい。
北欧生地の宝探しをしたい。
北欧のワクワクを探したい。

ルネ・デューに来れば大丈夫。

今後も新しいアイテムを提案し続ける。

アイテム数の力は私たちルネ・デューの強み。

 

 

〇ルネ・デュー/コミュニケーションの力

私たちは、色々なパイプ役としての働きを担っている。

大手総合商社の様に小売業、卸売業、輸入業、製造業など。
さまざまな業務をしている。

小売業や卸売業をしているので、輸入業者の声が聞ける。

製造業、輸入業もしているので、同様。

販売もインターネットだけではなくて、百貨店、路面店、商業施設といろいろな販路がある。

ルネ・デューはさまざまな情報が自然にあふれる場。
情報をお客さまや取引のある会社に伝え、業界を活性化させる潤滑油として良い流れを作る。

そう言った多数のコネクションや、本物の情報があるのは、私たちルネ・デューの強み。

カテゴリ : 会社の想い, 社長

更新日:2019.07.25